トータルサービスネットワークとは

21世紀型IFAの私達が、
お客様のライフプランに合わせて
「生命保険」「損害保険」+「資産形成(投資)」を
同時に提供する会社です。
21世紀型IFA
…Independent Financial Agent(独立した金融・保険の仲介業・代理店)の略です。

21世紀型IFAが啓蒙する4つの柱

生:ライフプランニングの啓蒙
老:資産形成(投資)の啓蒙
病:がんの早期発見の啓蒙 長期療養資金や就業不能状態のリスクヘッジの啓蒙
死:法人・個人の明確な必要保障額の算定

経営者の「資産
最大化」をサポート

経営者または保険担当者の皆様
保険の豊富な相談実績と知識で金融商品・保険を活用し会社と経営者個人の「資産の最大化」を図ります!

年収が1000万円に
なったら

収入が増えたのに、お金が貯まらない?
必要なのは「お金に対する考え方!
かかりつけの「IFA」を見つけませんか!!

がん予防
メディカルクラブ

自宅で簡単 がんリスク評価
メディカルクラブ「まも~る」

ご存知でしたか? 健康診断では『がん』は見つからない?

お知らせ一覧 弊社やお客様に関わるお知らせをこちらに掲載します。

2017.12.19

21IFA実践会

IFAとは独立・中立的な立場から資産運用のアドバイスを行う専門家です。
単にアドバイスするだけでなく、提携している金融機関の金融商品を選択して、
お客様のために売買の仲介をさせていただくことが可能です。
弊社は生命保険・損害保険のご提案だけでなく、資産運用のご案内までトータルで
相談を受けさせていただくことができます。
私どもは『IFA実践会』と名前を決めて、トータルでご案内できる人材を増やすために事例を持ち寄ったりしながら勉強会を開催しています。

2017.8.1

その儲け話は本当ですか?

『その儲け話は本物ですか?』

日経平均のチャートを見てください。
もし2年前に、日経平均のインデックスに、一時金で投資したら…ほとんど増えてません。
でも毎月、一定額をコツコツと投資していたら…きちんと増えています!
これが投資であり、資産形成の王道です。

日経平均に投資するなら、毎月購入が結果的に良かった事になります。

右肩上がりの米国ダウ
もし2年前に、米国ダウ平均に一時金で投資したら…儲かっていました!
また毎月購入しても、このケースだと増えますね。

よって投資は様々な投資対象に分散した方が良いという事ヽ(´▽`)/
これも投資です。

さらに最近話題の仮想通貨…ビットコイン!
この2年間で数円が数十万円

結果だけ見れば、2年前ならばビットコインを購入していた人が、1番儲かりました。

そこで皆様に考えていただきたいのは…投資とは、何に投資しているのでしょうか?

株式投資は、そもそも頑張る企業を応援し、その会社が社会のお役に立ち、その結果の利益の積み重ねが資本となり…株主への還元で、配当や株主優待をくれます。そしてその将来性までを取引し株価が決まります!

日経平均ならば、日本の企業の将来性に投資する。
米国ダウ平均ならば、利益を出す米国企業に!
世界相手の商売ならば、世界のGDPにほぼ連動し、株価は成長するのです。

では仮想通貨の投資は、どう考えたら良いのでしょうか?

ビットコインなど仮想通貨そのものは利益を生み出しません(ここ大事)

下がったら買い、上がったら売る!
これは投資ではありません。
上がり下がりというタイミングに賭ける…投機です。

仮想通貨は、銀行口座を持っていないけど、携帯電話を持っている人々が気軽に決済できるツール。
そのツールの利便性は、今後社会に拡がるとおもうならば投資。
信頼性に欠け、玉石混交…で淘汰される中、生き残る通貨を選ぶのは、投機!

未知の世界が現れると、投資や投機ではなく出資や…さらに会員権やネットワークビジネスが登場してきます。

今、人よりも早く金を出せば…権利収入が(*´Д`*)
これはまったくのウソですね。

悲しいことに、とうとう殺人事件まで地元で起こってしまいした。

本当にそんなに儲かる話で、社会的に意義のある話ならば、きちんと株式公開して投資してもらえば良いです。

逃げる気満々の経営陣…外国ならば打つ手なし。

金融庁も反省して、貯蓄から投資 は封印しました!
これからは『貯蓄から資産形成』の時代です。

皆様の投資は資産が形成されますか?

2017.7.22

お金の転職

『お金の転職』

本日、炎天下の中…吹上ホールで開催している 名証IR EXPOに!

トヨタを始め、地域の上場企業のIR活動。
つまり企業が投資家に向けて経営状況や財務状況などを発信する活動の場です!

株式投資にはチャートを見ながら、タイミングで短期で売買をする投資法があります。

また一度、買ったら孫子の代まで保有し続ける投資法もあります。
どちらが儲かるか?は、人それぞれの考えだと思いますが…

社会に貢献し、常に成長発展し続ける企業を見つけ出し、応援する気持ちで投資する!

          『お金の転職』

という感覚で行くと、このIR展に来る事は、まさにお金を転職させる企業展であります!

会場にはリュック背負って、帽子かぶった元気なお年寄りがいっぱい!です。

定年退職後、自分の資産を転職(投資)し、自分ができなかった仕事で、世の中に役に立つ!

その感覚で、長期に保有していただければ、日本の株が短期売買を繰り返す外国人投資家に振り回されずに済むのに・・・

ちなみに私は投資信託を活用し、銘柄選定はお任せする『長期国際分散投資』を投資の基本にして、個別銘柄の投資は、応援したい企業のみ保有しております。

本日の特別講演の世界経済と今後の展望はとても勉強になりました。

2017.6.23

捨てられる銀行

『捨てられる銀行2 非産運用』

銀行 証券 生保 が、大変革を求められています。

弊社も保険代理店と金融商品仲介業者を営んでいます。
もちろん昨今の保険業法の改正に伴い、社内の態勢整備が義務付けられ、さらに仲介業者としての厳しい検査や監査を受けながら社内改革をしております。

数年前から、法律の骨子や求められている体制は何か?から始め。
それを実践するための規程やマニュアルの整備。
そして実践から起こる苦情やお褒めの声や、社内からの提案による、ルールや仕組みの見直しをしています。

業界では労働スタイルが否応無しに変更され、統合や合併。さらに廃業が今後進むでしょう。

正直、2年前の気持ちとしては、金融庁が規制をさらに厳しくする!大変だ??という気持ちでおりました。

しかしここ数年、社内で態勢を半ば強制的に整備していくうちに…手応えとしてずいぶん社内が良くなった実感があります。

特に苦情から仕組み作りをしていく風土が出来上がってきたのは最高に嬉しいです。

そもそもお客様の為にやるべき事をしているからです。

あれ?金融庁が言っている事は、まともだぞ!(失礼m(_ _)m)
これをやり抜けば会社は発展する!
逆にできない業者は市場から淘汰される、と気付きました。

保険だけでなく、弊社は資産運用のご提案もしております。
正直、日本では資産運用に対し、批判的な意見が多いです。

そこで!今回、手に取ったこの本(^ー^)

なるほどぉ??その理由もよくわかります。

金融庁は、この本の帯にある
『手数料稼ぎの金融商品販売が多い。
顧客に満足を与えられる金融機関だけが生き残れば良い』
と考えを変えたんだ!とわかりました。

銀行 証券 保険だけでなく、金融庁みずからも反省をし「金融規制庁」から「金融育成庁」に変革をしようと書いてあります。

具体的にはルールベースからプリンシプルベース。
つまりルールだけ守れば良いという考えから、金融業者は自らの信義!哲学は何か?を問われる時代に入りました。

弊社は、この本の中にもある米国の資産アドバイザーが推奨する長期国債分散投資を推奨しております。

さらにその投資額の算定を、ライフプラン二ングを用いて算出し、その後に金融商品のポートフォリオと、万が一の保険を提案しております。

こういった金融機関の独自性を表明し、常に顧客本位で社内改革を継続し続ける会社を、金融庁は求めてくれています。

資産運用を通じで国益につなげていく発想は、私も激しく共感します!

ぜひ金融機関に関わる方は、手に取って読んでいただきたいと思います。

リクルート情報

お客様のライフプランに合わせて
「生命保険」「損害保険」+「資産形成(投資)」を同時に提供する21世紀型IFAを目指してみませんか!?